インポテンツになる要因は「加齢・生活習慣・精神的ストレス」の3つが多い!改善すれば勃起不全は治る!

インポテンツになる要因は大きく分けて3つあります。

  1. 加齢によるカラダの衰え(血管・神経・筋力ほか)
  2. 生活習慣(栄養不足・体力不足ほか)
  3. 精神的ストレス(日常、仕事などのプレッシャー・性行為時の緊張や不安)

つまり、あなたがもしインポテンツになっているならば、上記のうち当てはまる理由を改善すれば勃起力は元の通りに戻るというわけです。

そして、ほとんどの方のインポテンツは「加齢」が原因のことが殆どなのも事実あります。

誰でも年齢を重ねるとカラダの機能が衰えてしまうので、それをサプリメントなどの総合栄養剤で補う、若返らせることが必要になるわけです。

 

勃起不全は偶然なるもんでもないし、努力しても治らない不治の病でもありません。

このページでは「加齢によるED」の詳細を書いていくので、あなたが当てはまるならば注意して見てみて下さい。

 

ちなみに余談ですが、私は以前インポテンツになっていました。

ED気味で、女性の膣内では射精できない、そしてそれが原因で付き合っていた彼女を失った経験があります。

同じ過ちは犯して欲しくありません、インポテンツと真剣に向き合ってみて下さい。

加齢によるインポンテンツとはどんな理由でなるのか?

誰でも加齢が進んでいくとカラダが衰えていきます。

その結果、血管が硬くなったり、血液がドロドロになり血流が悪くなったり・・・。

俗にいう「動脈硬化」や「高コレステロール血症」というものです、おっさん化するのは見た目だけじゃなく内面もってことですね・・!

 

またそれと同時に「男性ホルモン」の分泌量が減ったり、精巣の働きが弱くなり性的興奮が少なくなったり・・・

神経の伝達機能が衰えてペニスに「勃起しなさい・・!!」という命令が届きにくかったりしてしまいます。

 

もちろん筋肉量が衰えたりもしてしまいますから、誰でも加齢すると共に勃起力は低下してしまうわけです、もはや必然ですね。

 

それを食い止めるには、血管や血流の改善がメインになり、「アルギニン」と呼ばれる動脈硬化の改善に効く栄養素を補給することが大切になります。

アルギニンとシトルリンと呼ばれるアミノ酸の一種は「若返りホルモン」とも呼ばれているくらいで、精力サプリメントの主成分になるほど重要なものです。

 

ちなみにこれらの栄養素は、体内でも少しなら合成することができますが、加齢とともに生成量が減ってしまうので、勃起力の低下を防ぎたい場合は、サプリメントを飲んで補給してあげることが必要です。

 

最近カラダが衰えてきている、そして30~40代以上で勃起力を上げたい、インポテンツを治したいという場合は下記サプリメントがお勧めです。

私が現在服用しているもので、アルギニン配合量が業界NO1の新型のもの、飛んだ先に詳細が記載されています。

>>バイタルアンサー

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*