オナニーのやりすぎでEDになることもある-インポの原因は膣内射精障害

オナニーでは毎回ちゃんと勃起できて最後まで射精できる、でも女性の膣内だと出来ない・・・。

私もそうでした、原因は明白で「膣内の刺激とオナニーの刺激が明らかに違っていた」からです。

 

オナニーは自分の好きなオカズ(動画や画像)を見て好きなタイミングで出来ますし、一人で完結することなので心理的なハードルも一切ありません。

毎回同じ女性の裸を見ながらオナニーすることもないだろうし、その都度オカズを変える事で新鮮な気持ちで楽しめます。

 

でもエッチだとそうはいかないですよね、大体このページを見てくれているあなたは「風俗嬢」とのエッチで悩んでいるんじゃなくて・・・

好きな異性とのこととか、既にパートナーとなっている大事な女性との性行為で悩んでいるはずです。

 

つまり、毎回同じ女性とエッチをする、新しい刺激があるわけでもなく、マンネリ化した状態。

オナニーのように刺激的な時間をいつまでも過ごせるわけじゃありません、正直飽きは必ずきます。

出来るだけ膣内と同じ刺激を心がけてオナニーするべし

飽きたからといって、彼女や嫁さんとエッチしないわけにはいきません。

セックスを通して愛情表現することは大事だし、男性よりも女性はセックスを重要視しているのも事実ですから(性欲的な意味ではなく愛されているかの確認作業)

 

だからこそ、普段のオナニーの刺激を「膣内に挿入してピストン運動している状態」に寄せることが必要になってきます。

オナニーと膣内の刺激が大きくかけ離れていると、どうしても膣内射精障害になり、マスターベーションではイケても、エッチでは射精できなくなってしまうからです。

 

具体的な方法としては、下記の方法があります。

  • 皮だけをこすらないようにする(俗に言う皮オナニー)
  • 亀頭だけを刺激しないようにする
  • 足をピンと張った状態でオナニーしない
  • 床オナニーなどのイレギュラーな方法を取らない

 

これ以外にも、例えば1時間かけて射精できるまでオナニーを続けるといったことも膣内射精障害になる原因となります。

たまに私もありますが、いいオカズが見当たらなくて中々射精できない、けれど無理をして何としてでも抜いてやる・・・とかは禁止です。

勃起状態がずっと維持できていればいいですが、半立ち状態でオナニーを続けるとED・インポになる原因になってしまいます。

 

加齢によるEDであれ、精神的なストレスが原因のEDであれ、病気や怪我じゃなければ必ず治るもの。

あなたが「なぜ射精できないのか?」を追究して、できるだけ早めにインポが治るように真剣に向き合っていきましょう。

 

ちなみに私のED奮闘記となるサイトには、今までのEDで起こった悲劇、EDが治った際の気持ち。

そしてED改善に大きな力があった精力サプリメントを掲載しています。

EDを本気で治そうと思うのであれば、よかったら見てみて下さい、何かの参考になるはずです。

白髪染め